マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、透明な取り外し式の矯正装置です。ご自身の歯の型取りをした後、徐々に装置を交換しながら理想的な歯並びに改善していきます。

  • 装着していても装置を付けていることが気づかれにくい
  • 取り外し式なので清掃性がよい(歯ブラシがしやすい)

などの利点があります。

インビザラインのメリット

治療中のトラブルが少ない

トラブル

例えば通常の装置であれば治療中に「装置の脱落」や「頬に当たって痛い」などのトラブルがどうしても起こりますが、インビザラインではそのようなトラブルが極力少なくてすみます。

取り外し式で歯に直接装置を接着しませんし、ワイヤーを使用していないためです。装置が外れたり痛みが出たりしたときの来院回数も抑えることができます。

メタルフリー(金属アレルギーの心配がない)

ポリウレタン

インビザラインの装置は金属を使用しない樹脂製(ポリウレタン)のため、メタルフリーなので、金属アレルギーが心配な方にも安心して使用できます。ポリウレタンは一般的に食品の包装や医療器具等にも普及されており、生体適合性に優れた素材です。

  • 金属アレルギーの方にも使用できる
  • 口内炎になりやすい方、妊娠中の方も安心
  • 金属色による審美的なお悩みも軽減(ほぼ装着していることが気づかれない)

通院後、毎月来院の必要がない

通院女性

ワイヤーによる一般的な矯正治療は通常毎月1回の通院が必要ですが、インビザラインの来院間隔は1~2ヶ月に1度です。患者さんご自身が装置を着脱しながら、患者さん主体で歯を動かす仕組みのためです。

毎月来院の必要がないため、遠方の方やお仕事や学業で忙しく。なかなか時間が取れない方も安心です。

  • 通院頻度は1~2ヶ月に1回(症例や個人差による)
  • 通院頻度が少ない
  • 自分のペースでマウスピースを交換できる

インビザラインlite(ライト)

インビザラインlite

当院では、通常のインビザラインのフルコースに加え、インビザラインlite(ライト)のコースもご用意しております。アライナー装置14枚以内で改善できる軽度な不正咬合が対象となるインビザラインのコースです。

こんな方へ

  • 軽度な不正の歯並びで目立たない治療をしたい
  • 審美ブラケットでの部分矯正を検討されている方
  • インビザラインを安く済ませたい

インビザラインの料金

インビザラインfull

インビザライン

インビザライン
(マウスピース型
カスタムメイド
矯正歯科装置)

935,000円
(85万円+税)

インビザラインlite

インビザライン

インビザラインlite
上下
(マウスピース型
カスタムメイド
矯正歯科装置)

506,000円
(46万円+税)
インビザライン

インビザラインlite
片顎
(マウスピース型
カスタムメイド
矯正歯科装置)

385,000円
(35万円+税)

口腔内スキャン itero(アイテロ)の導入

itero

当院では、院内に光で口腔内の歯型を読み取れる装置「itero(アイテロ)」を導入しており、インビザラインの治療に活用しております。

今までのお口の中にペースト状の印象材で型取りをしていた方法から、ペン型の光スキャン方式である「光学印象」による歯型取りの方法になります。従来のペーストによる印象(歯型取り)と比べ、より正確に患者さんの歯型データを得られ、よりピッタリとフィットするインビザラインのマウスピース装置を作成できます。

  • より精度の高いインビザライン治療をお考えお方に
  • インビザラインメーカーとのデータのやりとりもスピーディー
  • 従来の印象材によるお口の不快感・違和感が軽減

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で大切な事

クリニック選びのポイント

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

矯正治療の方針を決める上で大切なことは、お顔全体のバランス、歯を支える骨の形や厚み、歯ぐきやくちびるや舌などの見極めです。これを意識せずに治療計画を立てたり、誤ったりすると、矯正歯科の失敗のリスクが高まります。

気軽に始められるマウスピース型矯正装置(インビザライン)ですが、矯正歯科治療の経験のあるクリニックでの治療をおすすめいたします。

ワイヤー矯正しかり、マウスピース矯正しかり、あくまでも装置自体は方法論でしかありません。その道具たちを使って治すのは、ドクターなので、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を受けられるクリニックをお探しの方は、経験のある先生のもとで治療をお受けになられるのがよいかと思います。

苦手な歯の動きがあります

力が弱い装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)治療の特徴の一つとしては、ワイヤーの矯正に比べると歯を移動させる力(歯にかけられる力)が弱い事が挙げられます。

そのため、苦手な歯の動きがあることも事実ですので、ケースやご希望によっては、他の矯正歯科装置を併用して苦手な動きを補いながら治療を進める事もあります。

1日20時間以上装着する必要があります

装着

毎日付け外しを繰り返さなければいけないので、通常の矯正装置よりもご本人の努力やマメさ、頑張りに治療結果の良し悪しが委ねられます。

歯の根の移動が、ワイヤーに比べると弱いので、個人差にもよりますが、仕上げの治療がしにくい場合や、後戻りがしやすい場合があります。

  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

矯正相談予約・お問い合わせ

027-368-0371月・金: 10:00-13:00 / 14:00-18:30
火・木: 14:30-19:30
第2・4・5土曜: 9:00-13:00 / 14:00-18:00
休診:水曜、日曜、祝、第1・第3土曜

〒370-3523 群馬県高崎市福島町739-22

  • バスバス停「福島」下車すぐ
  • 車JR高崎駅、関越道・高崎インターチェンジ、
    JR前橋駅・新前橋駅より車で約20分圏内

高崎・前橋からのアクセスはこちら